理事長挨拶


   山形県電気工事工業組合

    理事長  佐藤 日登志



 山形県電気工事工業組合のホームページにアクセス頂き有難うございます。

 当組合は、1961年に県内の電気工事業を生業とする人々が地域の発展を願って、
電気工事に従事する個々の力を結集し自らの福利厚生の向上を期す為に設立されま
した。

 今日、電気は私たちの生活に欠かすことのできない大切なライフラインの一端を
担っており、電気の無い暮らしは考えられなくなっております。

 私たちは、このように必要不可欠な電気を「どのようにしたらお客さまに安全安
心に使って頂けるのか」創意工夫し、叡智を結集しながら日々研鑽を積み重ねてお
ります。


 当組合は組織体として四つの委員会から成り、総務委員会・企画委員会・技術安
全委員会・事業委員会が各々の事業を計画に基づきながら円滑に推進しております。
中でも日進月歩進化する技術力と安全管理については「山形県電気工事高等職業訓
練校」や「電気工事関係災害防止協議会」等で企画立案した各種講習会を積極的に
開催しております。

 特に毎年、電気工事会社に入社される仲間の皆さんを対象に実施されます「新入
社員キャリア形成研修」は社会人として必要な一般知識は基より、電気工事業とし
て必要な第二種電気工事士の国家資格を全員が取得できるよう研修しております。
その他「第一種電気工事士、一級・二級電気工事施工管理技士、第三種電気主任技
術者」の国家試験対策講習や「シーケンス制御、新エネルギー技術、配電線工事」
の実務者講習など多岐に亘って講習会を開催しており、組合員のみならず、一般の
方々も多数参加され好評を博しております。

 また、組合員が安心して働ける環境作りの一環として、「第三者損害賠償制度、
業務災害補償制度、グループ共済制度、労働保険」なども取扱い、万全の体制を
提供しております。


 近年は電気工事業界も大変厳しい状況に立たされておりますが、建物に付帯する
電気設備だけでなく、地球環境に優しい太陽光発電やオール電化システム(エコ
キュート、ヒートポンプ冷暖房、IHクッキングヒーター)、LAN配線工事等の
導入により好転する材料が点在しているものと確信しております。

 皆さま方には山形県電気工事工業組合に対し一層のご支援ご理解を賜りますよう、
節にお願い申し上げます。